軽部学長のきらっとひらめきコラム

注册送礼金平台 HOME> [2019年度]第4回「大学生になったら ―旅のすすめ」

[2019年度]第4回「大学生になったら ―旅のすすめ」

2019年7月26日掲出

 皆さん、こんにちは。学長の軽部です。多くの学校が夏休みに入ったころですね。受験生にとっては苦手科目の克服など、弱点を補強する貴重な時間だと思います。勉強を計画的に進めて、しっかりと力をつけてください。
 さて、今回は少し未来の話をしたいと思います。皆さんが大学生になったとき、夏休みをどんなふうに過ごして欲しいかという話です。

 大学では高校よりも長い夏休みがあります。どのように過ごすかは自由ですが、私としては、その期間を利用して、ぜひ旅をしてほしいと思っています。
  私が大学1年生のときは、夏休みに入るとすぐにデパートでお中元の販売のアルバイトをして、そのお金で仲間3人とテントの旅をしようと北海道へ行きました。東京から列車で出発し、青函連絡船で北海道に着くと、温泉巡りを楽しみました。夏の北海道は気候が良いですから、本当に色々な所へ普通列車に揺られながら行ったものです。
  大自然に囲まれているせいか、北海道の人たちは大らかで、行く先々でとても親切にしてもらったことを覚えています。例えば、阿寒湖にビバークしていて雨が降り出したとき、アイヌ民族のお嬢さんが雨に濡れるから家に来なさいと言ってくれ、その方の家に泊めてもらった思い出があります。食堂に入っても、学生だからと注文していない料理をつけてくれるなど、あちこちで親切にしてもらいました。
  また、仲間の一人の実家が釧路だったので、釧路へ立ち寄ったときは、新鮮なイカをたくさん食べさせてもらいました。そのとき初めて知ったのが、イカは鮮度が良いと赤黒いということです。私は東京で白いイカしか食べたことがなかったので、その色と美味しさは印象的でした。
  驚いたことと言えば、北海道内を列車で移動しているとき、前の席に座った若い女性がいきなり鞄からニシンの干したものを取り出して、バリバリと食べ始めたことです。釧路出身の仲間に聞くと、とても美味しいものだと聞き、後で我々も干しニシンを買って食べました。ビーフジャーキーのようでとても美味しかったことを覚えています。

 旅は、人との触れ合いを通してコミュニケーション能力が磨かれたり、その土地の文化に触れることで、改めて日本がどういう国なのかを実感できたりします。
  また、時間に融通のきく大学生の方は、ぜひ海外にも行ってみてください。私自身は、大学院の博士課程を終えて渡米したのが初の海外で、自分でも遅すぎたと感じました。もっと早く行っていれば、英語ももっと上達しただろうと思います。
  本学は、海外研修や海外語学研修のプログラムが充実しているので、それらも大いに活用して、大学生のうちに広い世界へと飛び出してみてください。